留学失敗談1(語彙とその発音)

留学で失敗したことの
筆頭に挙げられることが
「単語とその発音を
覚えていけばよかった」です。

以下 書いていきます。

言っている意味が分からず
英会話の訓練にならない

僕は留学先のある授業で
TOEICの音声を聞かされたのですが
さっぱり意味がわかりませんでした。

しかし 帰国後に
単語とその発音を覚えてから
英語が聞き取れる様になりました。

これは僕が実感したことですが、
留学へ行って相手が何を言ってるか
分からなかったら
英会話の訓練になりません。

ですので時間やお金を無駄にします。

単語とその発音なんていうのは
自宅で学べるわけですから、
コストの高い留学へ行く前に
終わらせておくべきだと思いました。

単語を知らないと
言いたいことが言えない

頭の中にあることを言いたくても
それに対応する英単語が思いつきません。

どうなるかっていうと
留学に行っておいて
あまり話せないことになります。

マンツーマンの授業であれば
最悪 辞書で言いたいことを
調べさせてもらうことができます。

かといって
辞書で単語を調べるだけで
訓練しないのであれば
大して記憶することはできません。

ですので 宿泊費や講師代、
授業時間を無駄にすることになります。

単語を発音できないか
悪い癖がつく

英語というのは特殊な言語で
スペルと発音が一致しません。

ですので 単語を覚えていても
発音を知らなければ発音できません。

なんとなく発音することはできますが
大抵間違います。

間違った発音を繰り返すと
そのまま悪い発音を覚えてしまいます。

ですので 単語の発音を
訓練しないで留学へ行くと
発音できなくてあまり話さないか、
間違った発音を口にすることになります。

大抵の人は後者を選びますが
日本語訛りがきつくなり
英会話講師やアジア人以外には
通じない英語を覚えてしまいます。

そして これを矯正することは
非常に手間がかかります。

上達が途中で止まる

私が留学に行って
そして話せるようになっても
途中で英会話の上達が止まりました。

これは僕の仮説なのですが
留学でののびは
語彙などの基礎力に比例します。

例えば 語彙が100の人が
英会話を習って
どこまで伸びるのか?
という疑問があります。

相手が何を言っているかも
分かりませんし
言いたいことも言えません。

スムーズに会話できませんので
会話自体を避けますし、
仲良くもなれません。

これでどうやって英会話が
上達し続けるのでしょうか。

逆に、語彙が12000の人が
英会話を始めたらどうでしょうか。

相手の話を聞くのもスムーズで、
言うのもスムーズです。

受信語彙だったものも
どんどん発信語彙に
変わっていきます。

そういった意味で
語彙などの基礎力をつけてから
英会話を始めた方が
途中からの伸びが速いと思います。

……

以上は本当に僕が実感したことです。

僕が「留学へ行く」と言うと
ある英会話講師は
「準備してから行ってくださいね」と
言われました。

しかし 当時は
「準備」がなんのことか
さっぱりわかりませんでした。

実際に準備不足で行ったところ
かなりお金や時間を無駄にしました。

これを読んだ方は
同じ失敗を繰り返さない様に
しっかり準備してから
留学へ行きましょう。

7ヶ月で語彙を12000にした方法