英会話は「ネイティブから教われ!」というのは本当か?

僕に語学を教えてくれた
多言語話者の方は
以下のように言います。

「英語はネイティブから
教わった方がいい」
という話は嘘です。

なんでも母語で覚えた方が早いので、
英語も母語で覚えた方が良いです。

ですので、日本語の話せる
先生に教わった方が良いです。

それから、ネイティブというのは
言語に疎いただの一般人です。

ですので、言語学習の
メソッドやプロセス、ポイントを
理解していません。

英会話はバイリンガルや
マルチリンガルから
教わった方がいいです。

 

僕は語学留学へ行った時に
モノリンガルで授業を受けました。

そこで、”even”という単語の
説明を受けたのですが
よく意味がわかりませんでした。

その先生は優秀で
わかりやすい例を
たくさんあげてくれました。

それでもよくわかりませんでした。

あのときに「”even”は『ですら』という意味で、
例えば、”Even a child can do it.”で、
『子供ですらできる』という意味です。」と
教えてもらえば一発で理解できたと思います。

では、どういった人が
英会話の先生に向いているかというと
日本語と英語が話せる人ですね。

外国語学習のポイントがわかっていて
いざとなれば日本語でわかりやすく
説明できるからです。

基本的に英会話学校の
ほとんどがモノリンガルです。

しかし 最近は
バイリンガルの英会話学校も
みかけるようになりました。

ですので、英会話を始める場合、
バイリンガルも選択肢に
入れてみてはいかがでしょうか。

7ヶ月で語彙を12000にした方法