英語学習の余裕を作るためにおすすめしたいこと

さて、前回 邪魔の排除が
英語学習で最も大切であることを
お話しました。

その中でも経済的な
コントロールができている状況が
とても重要だとお話しました。

経済的なコントロールができていると
心も時間も余裕ができて
英語学習を継続することができ
結果を出すことができます。

僕自身が7ヶ月で語彙を
12000にしたときは
ほぼ無職で 英語の勉強だけ
していました。

もし僕が借金まみれだったり
自転車操業だったら
英語の勉強はできなかったでしょう。

経済的なコントロールのために
僕がしたことや
おすすめしたいことは
以下になります。

収入を増やすより出費を削る

経済的コントロールにおいては
収入を増やすことより
減らすほうが簡単です。

千円のお金を手元に残すには
1万円を稼がないといけません。

しかし 千円出費を下げれば、
それがまるまる手元に残ります。

また 収入がある状態で
出費を下げていくと
貯金が溜まっていきます。

そして 出費を下げると
「貯金で生活しながら
英語を勉強する」という
荒業が使えます。

僕がほぼ無職で
英語の勉強だけをしていたときは
月6万円で生活していました。

これだけ下げれば
72万円で一年間も
英語を学習できます。

しかし、こちらにあります通り、
健康とスキルのための投資は
惜しみません。

親族に助けを求める

僕の場合ですと
空き家になっていた
祖母の家を借りていました。

カビ、ゴキブリ、蚊、
隙間風のあるすごい家でした。

水道からお湯は出ず
シャワーもありませんでした。

ついでに言いますが
住居費というのは
最も大きい支出になります。

ですので 住居費をどれだけ削るかが
出費を削るためのポイントになります。

家計簿をつける

出費を減らすために
とても大切なことは
家計簿をつけることです。

こちらでも書いていますが
物事というのは
測定するだけで改善します。

ですので 家計簿をつけるだけで
出費が減っていきます。

計画したものだけ買う

うちではホワイトボードや紙に
書いたものしか
外出先で買ってはいけません。

こうすることで
衝動買いをなくすことができます。

例外として生の食品は
無制限で買って良いです。

通販は月末のみ

うちでは月末だけ
通販が許されています。

しかし 健康やスキルに関するものは
いつ買っても構わないことに
なっています。

ちなみに 家計簿と
通販を月末にすることは
相乗効果があります。

家計簿をつけていると
月末にどれぐらい
余裕があるのかがわかります。

この余裕を見て
ネット通販の量を調節できます。

うちは以下の3つの施策で
月当たりの出費が
10万円以上減りました。

  • 家計簿をつける
  • 計画したものだけ買う
  • 通販は月末のみ

無駄遣い費を設定する

うちは試しに
一人5000円から始めています。

こうすることで
自由な気持ちで
趣味を楽しめます。

また生活費から
個人の出費が出ませんので
夫婦間のお金のトラブルが減ります。

借金をしない

高度経済成長の時代は
ローンで家を買うことが
成功パターンでした。

ローンで家を買うと
返済額がそのまま
インフレに強い資産になります。

そして 税控除の対象になり
利息も低いです。

ローン返済後は
僅かな維持費だけで
住むところがあります。

家賃がわずかで
生活費だけ稼ぐなら
とても楽でしょう。

しかし 現在の不安定な世の中では
慎重になったほうが良いでしょう。

自分の会社がずっと成長し続けて
お給料も上がり続ける
とは限りません。

僕は慎重な性格ですので
基本的に借金ゼロです。

最近 車を買いましたが
かなりの余裕資金で
軽の新古車を
現金一括払いで買いました。

保険に入らない

7カ国語話者の富豪は
以下のように言います。

私は保険に入る代わりに
貯金をしたり
それに対する対策をします。

うちの場合は
生命保険や車の任意保険に
入っていません。

生命保険の代わりに
毎朝 自然栽培の
にんじんりんごジュースを
飲んだりしています。

また 車の保険の代わりに
以下のようにしています。

  • 法令遵守
  • ドラレコ装備
  • 車に証拠撮影用のデジカメ、ボイスレコーダー常備
  • 車に事故対応の本を常備
  • 週一回ヒヤリハットのドラレコ動画を視聴、分析
  • 道に出るときは歩道前で一時停止し、車道の前でも一時停止(ここでの事故が統計上二番目に多いため)
  • エンジンブレーキを使わない(停止ランプが点灯しないため。統計上 追突事故が最も多い。)
  • 停止前に一旦クリープにしてから止まりたい場所で止まる(追突防止)
  • 後方に「録画中」のステッカーを貼る(車間距離が開く)
  • 無理しないで待つ

あまり敵を増やしたくないので
詳しく言いませんが
車の保険業界について
よく調べておいたほうが良いです。

個人的には
自分の貯金で補償したほうが
被害者のためになると思います。

とにかく狭く

大富豪の斎藤一人さんは
「空いたスペースから
貧乏波動が出る」と
話しています。

これは彼の言いたいことか
わかりませんが
家と車というのは
最も大きな出費です。

この家と車のグレードを
一段階下げたら
月間数万は出費が下がるでしょう。

うちは軽自動車なのですが
狭くて困るかなと思ったら
逆に運転や駐車が楽で
驚きました。

軽自動車は危ないと言われていますが
統計を調べたところ
そもそも事故自体が少ないそうです。

車自体が小さいので
当たる可能性が少ないですし、
ブレーキも効きやすいからでしょうか。

ただ 当然 事故を起こしたら
普通車よりは怪我をしやすいので
よく安全に配慮したほうが良いです。

ものを減らす

ものはそれを保管するだけで
家賃がかかります。

なのでものは少なめにしましょう。

僕の場合ですと
プリンターは持っておらず
スキャナだけあります。

ですので
紙が増えずに
どんどん減っていきます。

また 僕の場合は
冬も夏も上下は二着分しかありません。

できるだけ自分たちでやる

うちでは出産や保育を
自分たちでやっています。

これはお金のためではなく
子供たちのためにやっています。

しかし 結果的に大きく
支出が減っています。

まず出産は一時金で
40万円近く出ます。

普通はこのお金は病院にいきますが、
うちではそのままもらえます。

また 子供を人に預けると
一人月2万5千円ぐらいかかるのでは
ないでしょうか。

うちは二人子供がいるので
月5万円ほど浮いていることになります。

保育園の代わりに
僕たちが子どもたちを
ビーチなどに連れて行っています。

僕なんかは親に遊んでもらった
記憶が殆どありません。

ちょっと遊んでもらったことを
感動してずっと覚えています。

毎日 親に遊びに連れて行ってもらえたら
子供はどんな気持ちになるでしょうか。

子供をビーチに連れて行ってる写真

以上は自分たちでやっていることの
ほんの一例です。

車は自分たちで清掃修理したり、
髪は妻に切ってもらったりします。

基本的に自分たちでやればやるほど
トラブルが少なく出費が減ります。

一般的な投資や投機をしない

投資や投機というのは
とても大きな落とし穴です。

いくら資産を貯めても
だいたい最後にこれでやられます。

おすすめの投資は
こちらを参考にしてください。

それでも莫大なお金が残った場合は
自分が使う家や車を
余裕資金で買うことが良いでしょう。

家や車であれば
自分で使うので
失敗しづらいでしょう。

当然 借金して
身の丈に合わない
家や車を買うことは除きます。

あくまで 余裕資金で
買ってください。

その他 無駄の排除法

他に無駄を減らす方法としては
こちらの記事も参照してください。

以下のようなことに言及しています。

  • お酒
  • タバコ
  • 女遊び
  • ギャンブル
  • スマホ
  • テレビ

貯蓄する

安心感というのは
ストックとフローから得られます。

言い換えれば
安心感は貯蓄と収入から得られます。

なので収入だけでは
だめなんです。

月20万の収入があっても
貯金ゼロだったら
安心できないでしょう。

また 生きていると
急な出費が二種類あります。

それが危険とチャンスです。

例えば「危険」というのは
急な医療費がかかったりとか
大きなものが壊れたりとかです。

逆にチャンスというのは
ここぞというときに
一念発起して勉強したいとかです。

僕であれば
貯金で生活しながら英語を勉強し
7ヶ月で語彙を12000にしました。

そういうときのために
貯金をしておいてください。

そして 貯金というのは
基本的に家計簿を
つけないとできません。

ですので 記事の最初の
家計簿がおすすめです。

スキルに投資する

前にもご説明しましたが、
最も収入を上げやすい投資は
スキルへの投資です。

これまで説明したことをやって
経済面や時間、心の
余裕を作ってください。

それをスキルに投資するんです。

すると収入が上がりますから
それでさらにお金、時間、心の余裕を作り、
それをまたスキルに投資します。

この好循環を作っていくことで
どんどん豊かに
なっていくことができます。

生活レベルの上昇を遅らせる

スキルが上がると
収入が上がっていきますが、
ここで調子乗って
散財することが失敗パターンです。

意識して生活レベルをあげることを
遅らせましょう。

貯金のたまる速度が
さらに加速します。


全部やると月あたり
出費が10万から20万は
下がるでしょう。

するとがんがん貯金が貯まって
少し楽な仕事に転職できて
英語を勉強する余裕が
できるかもしれません。

また 貯金が貯まることで
仕事を休んで留学したり
英語を勉強できるように
なるかもしれません。

以上は僕がやっていることであって
押し付けたいことではありませんので
参考程度にしてください。

7ヶ月で語彙を12000にした方法